66th 2016.04.10 Club EDGE 六本木

新たなバンドの可能性を感じ取れたライブ!大曲メインのONE BIG RUSHらしいライブとなった。

now printing -TODAY'S MENU-
1. SPIRAL & PARALLEL LIVES
2. A RAID
3. SINGLE-BLOOM
4. A KING FOR A DAY
5. SUPPRESSION-PartT


MICHIHISA

メンバーが変わると、サウンドもヴィジュアルも変わる。まあ、当たり前のことだが・・・。しかし、メンバーが変わるという事は大きな試練でもある。俺はシュウに、過去の誰にもなって欲しくない。シュウの新しいカラーを、バンドに反映させたい。勿論、その為には様々なものを見直す必要がある。完成されていたものを崩し、組み立て直さなければならない。それを面倒だと感じるか?それを楽しみと感じるか?俺は新たなものを作り出す為には、後者を選ぶ。時間は必要だが、出来上がった時には大きな満足を得られる。再構築することにより、バンドは一体感も得ることが出来る。今回のライブは、一体感どころかシュウのプレイはONE BIG RUSHそのものだった。ユウジとの一体感は言うまでもなく、バンドの核となっていた。俺はどんなバンドでも、やはりリズム隊が鍵を握っていると思う。どんなに歌が上手くても、どんなにギターを弾きまくっても、リズム隊がしっかりしていないと聴きたくもない。今回のライブは、ギターを弾いていてとても楽しくて気持ちが良かった。今回のライブでは、シュウが加入してからは初めて7弦ギターを使った曲を披露した。やっぱ、ONE BIG RUSHには7弦ギターの曲が必要だな〜。大曲メインだったけど、スピード・チューンとミドル・チューンがバランス良い選曲だった。ここのところ毎回システムが変わっているんだけど、今回からワーミーの音色を増やした。今までは1octアップだけしか使っていなかったんだけど、新たなシステムを導入してバリエーションを増やすことが出来るようになった。インストゥルメンタルだから、音色は多ければ多いほど聞いている方はイメージが広がるからね。さて、次はそろそろ新曲も披露できるかな???

photo by taniyan

     

© 2001-2016 ONE BIG RUSH All rights reserved.
サイト内の掲載画像及び文章等の無断転載を禁じます。

inserted by FC2 system